信楽作家市

信楽作家市

毎年、5月に滋賀の信楽にて開催される「信楽作家市」。

陶器や磁器、ガラスや皮・布製品など、各分野の作家さんによって作られた作品たちが集う、人気のクラフト市です。

全国から応募された作家さんたちが、厳しい選考の上、出展されていますので、作品ひとつひとつのクオリティも高く、人気作家さんたちも多く出展されているので、見応えも十分。

信楽作家市の来場者は約5万人と、毎年すごい賑わいを見せています。
約100名~150名の作家が出展、そして飲食ブースもありますので、家族で楽しむこともでき、おすすめなのです。

開催時期と開催場所

信楽作家市が開催される滋賀県立陶芸の森

信楽作家市は、滋賀県立陶芸の森にて、毎年ゴールデンウィークの5月2日~5月5日に開催されます。
雨天でも開催されていますが、念のため、公式ホームページなどをご確認くださいね。

開催場所
〒529-1804 滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
開催会場
滋賀県立陶芸の森 太陽の広場
開催時期
毎年5月2日~5月5日の4日間
※雨天決行
開催時間
9:00~17:00

春の信楽作家市と秋の信楽セラミック・アート・マーケットの違い

春の信楽作家市と秋の信楽セラミック・アート・マーケットの違い

5月の春に開催される「信楽作家市」、そして10月の秋に開催される「信楽セラミック・アート・マーケット」は、似ていますが、開催される季節だけでなく、その内容にも、大きな違いがあります。

秋の「信楽セラミック・アート・マーケット」は、滋賀県内で作陶される作家のみが出展可能なのに対し、春の「信楽作家市」は、滋賀県内だけでなく、全国から応募した作家さんたちが集う陶器市となります。

ですので、春の「信楽作家市」は、秋以上に様々な作品が見られる機会なのです。

公式HP・インスタグラムなどのご案内

信楽作家市の公式ホームページ

信楽作家市の公式ホームページでは、出展作家さんリストなども公開されています。
ブログやインスタグラム、facebookでも情報を発信されていますので、ぜひホームページを含め、チェックしてみてくださいね。

信楽作家市へのアクセス

信楽作家市へのアクセス

信楽作家市の会場への車ルートは限られている上、4日間で、約5万人の来場者がいらっしゃいますので、特に初日の周辺道路はかなり混みあいますので、渋滞などの覚悟は必要です。

公共交通機関もありますが、車の方がアクセスが良いかなというのが、個人的な意見です。

車でのアクセス
  • 京阪神方面:名神高速道路「草津JCT」→ 新名神高速道路 →「信楽インター」より約8分
  • 名古屋方面:東名阪自動車道「亀山JCT」→ 新名神高速道路 →「信楽インター」より約8分
  • 奈良・和歌山方面:西名阪自動車道 → 名阪国道 →「壬生野インター」より約30分
電車・バスでのアクセス
  • JR「草津駅」でJR草津線に乗り換え「貴生川駅」下車 → 信楽高原鐵道に乗り換え「信楽駅」下車、徒歩20分
  • 信楽高原鐵道「信楽駅」から、甲賀市コミュニティバスにて「陶芸の森前」または「陶芸の森(陶芸館前)」下車
  • JR「石山駅」から、帝産湖南交通バス「田上車庫行き」に乗車、「田上車庫」で「信楽行き」に乗り換え「陶芸の森前」下車

信楽作家市の駐車場

信楽作家市の駐車場

信楽作家市の会場である「滋賀県立陶芸の森」の周辺には、無料駐車場がいくつか用意されており、約250台の駐車が可能です。

駐車場の規模は大きいですが、例年、イベント期間中は、かなり混雑しています。
初日は特にですが、駐車場がすぐに埋まりますので、会場から少し離れたところにある臨時駐車場を利用して、ハイキングがてら行楽を楽しむのも、ひとつの方法かと思います。

滋賀県立陶芸の森 駐車場

駐車場の台数
普通乗用車 約250台/大型バス 約10台
駐車料金
無料
場所
滋賀県立陶芸の森の各所

作家ブースについて

信楽作家市の作家ブース

作家ブースは約100ブース、総勢約150名以上の作家さんからなる大規模なクラフト市です。
グループで出展していることもあり、ひとつのブースの中で、いろいろな作品を拝見できることも多いです。

滋賀県立陶芸の森の太陽の広場一帯にテントが設置され、作品が販売されているのですが、じっくり見て回ると1~2時間くらいはかかるかと思いますので、午前中から行くのがポイントかと思います。

飲食ブースについて

信楽作家市の飲食ブース

名物の土鍋カレーをはじめ、陶板焼きフランクフルトや、土鍋ケーキなど、地元・信楽のおいしいフードや、名産である朝宮茶の生産地でもあるので、お茶の葉などを販売されている物産ブースもあります。

飲食ブース周辺には、簡易的な食事席も用意されていたりと、親切なイベントです。

開催年別の信楽作家市の概要

開催年別の信楽作家市レポート

信楽作家市へ行ってきた際のレポートをまとめています。
出展されている作家さんのピックアップや、飲食ブースのグルメなどもご紹介していますので、本記事と併せてご覧ください。

信楽作家市2019(第13回)

信楽作家市2019

第13回目を迎える「信楽作家市2019」。
4月末で平成も終わり、5月1日から新元号に変わってすぐの開催ということで、2019年は記念すべき新元号で初の信楽作家市となりますね。

開催日時
2019年 5月2日(木)~5月5日(日)
※雨天決行
開催時間
9:00~17:00

信楽作家市2017(第11回)

信楽作家市2017

奥田章さん、古谷浩一さん、村上直子さん、中川雅佳さんなど、滋賀・信楽の作家を代表する人気作家さんたちの出展はもちろん、安田宏定さん、松本郁美さん、宮崎孝彦さん、福井亜紀さん、加藤裕章さんなど若手の作家も多く出展されていました。

毎年ながら、奥田章さん、古谷浩一さんのブースは、人気の為、混雑していて取材のための写真もなかなかに撮れないほど…。

まとめ

信楽作家市の会場の滋賀県立陶芸の森

人気作家さんのファンの方ですと、やはりイベント初日に行かれるのが良いと思います。
人気作家さんのブースは、イベント開始早々に人だかりになり、人気の器から完売していきます。

若手作家なども多く、出展されていますので、自分好みの「新しい器探し」も十分に楽しめるかと思います。

飲食ブースには、土鍋カレーやたこ焼き、焼きそばなど、フードも充実していますし、クレープなどのデザートもあります。

何より会場の滋賀県立陶芸の森は、小高い丘のようになっていて景色も良く、行楽にはぴったりの場所です。
芝生もあるので、お弁当とレジャーシートを持って行って、家族で半日遊ぶのも楽しいですよ。
トイレも要所要所にありますので、何不自由なく遊べると思います。

おすすめ陶器市&クラフト市


和食器セレクトショップ flatto(フラット)

  • TEL:077-576-3174
  • 住所:〒520-0503 滋賀県大津市北比良1043-62
  • OPEN/CLOSE:11:00~17:00
  • ホームページ:https://flatto.jp/