吉村桂子

吉村桂子(ガラス作家)のガラス食器

吉村桂子のガラス食器について

洗練された色調のモザイクガラス「イロアミ」や全く異なる柄をランダムに組み合わせた「ツギハギ」。

どちらも代表作といえる作品ですが、
カラフルな色のガラスを編んでいくかのような技術とセンスが群を抜いている吉村桂子さん。

独立当初から多数の展示会やグループ展にて活躍されています。

「色」を楽しむことを大事にしている吉村桂子さん、
そのカラフルで温かみのあるガラスの食器たちは、食卓を華やかに演出してくれる素敵なテーブルアイテム。

お気に入りのマイグラスとして、ペアグラスで揃えたくなるようなおしゃれなガラスのうつわたちです。

おすすめ順  |  価格順 |  新着順

  • « Prev
  • Next »

36商品中 1-36商品

吉村桂子の陶器市出店・個展情報


■2018年 吉村桂子イベント情報

  • 12月展示会(手児奈・愛知)
  • 09月展示会(画廊凛・岐阜)
  • 06月展示会(ギャラリーKAI・東京)
  • 04月20日〜05月20日ガラスとカナモノ展vol.2(市の倉さかづき美術館・岐阜)
吉村桂子のガラス作品

吉村桂子の経歴


愛知県名古屋市生まれ。(1979年)

2003年に静岡大学 教育学部芸術文化過程 美術・デザイン科を卒業後、デザイン業に従事。

昔から興味のあった「ものづくり」への想いをあきらめきれず
退社後、中国の雲南民族大学へ留学。

少数民族を訪ね歩く中でガラスの魅力に引き込まれ、
帰国後に富山ガラス造形研究所 造形科へ。

2008年に同校を卒業、
株式会社黒壁の第一工房にて吹きガラスのスタッフとして勤務しながら経験を積む。

2012年からは潮工房にて、小西潮氏、江波冨士子氏に師事。

2014年に「glass studio Katsura」として独立。

「使って楽しめる器」をコンセプトに、
色を活かしたカラフルで魅力的なガラス作品を制作されています。

吉村桂子のガラス食器

吉村桂子の賞歴と展歴


■ 吉村桂子の展歴

  • びあまぐらんかい
  • 高岡クラフト展
  • 日本クラフト展
  • 作家のひきだし展(富山)
  • グラスギャラリーカラニス(南青山)四月展
  • 松本クラフトフェア
  • gallery skog(滋賀)女性6人の手仕事展
  • ギャラリー田中(銀座)GLASS WORKS 2014
  • グラスギャラリーカラニス(南青山)秋の作品展
  • グラスギャラリーカラニス(南青山)雛と春の企画展
  • 色匂ふ 企画展『春来る』
吉村桂子のガラス

■ 作家から選ぶ