宮崎孝彦 オブジェ展 アンティークの森に棲むサカナ|flatto(フラット)|2021年11月

宮崎孝彦 オブジェ展 アンティークの森に棲むサカナ

2021年11月21日(日)~12月5日(日)まで、「宮崎孝彦 オブジェ展 アンティークの森に棲むサカナ」を開催!

滋賀県甲賀市で作陶されている陶芸作家、宮崎孝彦さんのオブジェ展を開催いたします。

普段は器をメインに制作されている宮崎孝彦さん。
クラフトイベントなどではオブジェ作品も展示販売していましたが、今回flattoではオブジェ作品のみの展示をお願いしました。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、8名以上のお客さまが重なる場合はご入店をお待ちいただきます。
また、入店の際は入り口にあるアルコールにて手指の消毒および、マスクの着用をお願いいたします。

※転売目的のご購入は固くお断りします。

宮崎孝彦 オブジェ展 アンティークの森に棲むサカナの日程と開催場所

イベント名
宮崎孝彦 オブジェ展 アンティークの森に棲むサカナ
開催日程
2021年11月21日(日)~2021年12月5日(日)
定休日
2021年11月22日(月)、24日(水)、27日(土)、29日(月)、12月1日(水)、4日(土)
※毎週、月・水・土曜日がお休み
開催時間
11:00~16:00
開催会場
和食器セレクトショップflatto(フラット)
奥の展示スペース
開催場所
〒520-0503 滋賀県大津市北比良1043-62
お問い合わせ先
info@flatto.jp
電話
077-576-3174
駐車場
店舗前に2台分の駐車スペースあり
宮崎孝彦さんの在店日
11月21日(日)

展示の概要

宮崎孝彦の魚のオブジェ

今回並ぶのは、陶製のサカナのオブジェと、そのオブジェをそのままミニサイズにしたような可愛らしい小さいサカナ。

アンティーク調に着色・デザインされた陶器のサカナのオブジェ。
様々な表情の、色々なサカナが並びます!

そして「デモ隊」と名付けられた様々なヒトやモノをモチーフにした小さなオブジェたち。
中には、メモクリップにもなるタイプもあって、飾って楽しむだけでなく使いながら楽しむこともできますよ。

アンティークの森に棲むサカナのPR動画

宮崎孝彦さんの魚のオブジェの魅力がたっぷりと詰まったPR動画。
ぜひご覧ください。

※画像または再生ボタンを押すと「アンティークの森に棲むサカナ」のPR動画がはじまります。

店舗へのアクセス

電車でのアクセス
JR湖西線「近江舞子駅」より徒歩20分
車でのアクセス
国道161号(志賀バイパス)比良ランプ出口より5分

臨時駐車場

「宮崎孝彦 オブジェ展 アンティークの森に棲むサカナ」のイベント期間中の日曜日に限り、flatto(フラット)の店舗前の駐車場2台分とは別に6台分の臨時駐車場をご用意しています。店舗の南100m(徒歩1分)のところにございますのでご利用ください。
場所がわからない場合はご案内しますので、お気軽にお声がけください。

※イベント期間中の日曜日以外は臨時駐車場が使えませんので、ご注意ください。

収容台数
6台

宮崎孝彦 オブジェ展 アンティークの森に棲むサカナの関連サイト・SNSのご紹介

和食器セレクトショップflatto(フラット)
https://flatto.jp/
宮崎孝彦さんのインスタグラム
https://www.instagram.com/takahiko_miyazaki/
宮崎孝彦さんのホームページ
https://za-kimiya.com/

まとめ

お取扱いをスタートしてから、数年来のお付き合いをさせていただいている宮崎孝彦さん。
とても愛らしく、そしてオリジナリティの高いキャラクターを描いた器を制作されており、その手から生み出されるオブジェには以前から魅了されていました。

昨年の秋に開催した松本郁美さんとの展示会でもオブジェ作品を出品いただいていましたが、今回はオブジェのみの展示となります。

オブジェ作品だけを展示するというのは、flattoとしても初の試み。
今回の展示のために、いつもお世話になっている京都のアメイロさんに特注で什器も制作していただきました。

「お店に小さな劇場を作りたい」。
そんな発想から生まれた特別な什器です。

ぜひ、宮崎孝彦さんの作り出す唯一無二の味わい深い世界観をお楽しみくださいね。


和食器セレクトショップ flatto(フラット)

  • TEL:077-576-3174
  • 住所:〒520-0503 滋賀県大津市北比良1043-62
  • OPEN/CLOSE:平日 11:00~16:00・土日祝 11:00~16:00
  • ホームページ:https://flatto.jp/