粉引しのぎ丸スープカップ 作家「加藤祥孝」

  • 粉引しのぎ丸スープカップ 作家「加藤祥孝」
  • 粉引しのぎ丸スープカップ 作家「加藤祥孝」-02
  • 粉引しのぎ丸スープカップ 作家「加藤祥孝」-03
  • 粉引しのぎ丸スープカップ 作家「加藤祥孝」-04
  • 粉引しのぎ丸スープカップ 作家「加藤祥孝」-01

商品型番:kato-y-022

送料 全国一律 990円(税込)※20,000円(税抜)以上で送料無料。

■粉引しのぎ丸スープカップ 作家「加藤祥孝」について

加藤祥孝の「粉引しのぎ丸スープカップ」の特徴
「優しい粉引のカップ」

生成り色の温かみのある粉引のスープカップです。

中央あたりから下に施された「しのぎ」の削り模様がおしゃれです。

サイズは、径111cm・高さ6.5cmほど。

スープカップの他、カフェオレボウルとして、またたっぷり飲みたい方にはマグカップとしてもおすすめです。

加藤祥孝の「粉引しのぎ丸スープカップ」の細部
「味わいのある器」

加藤祥孝さんの粉引のうつわは、粗目の土を使用しているため「ピンポール」と呼ばれる小さな穴や、「石はぜ」と呼ばれる、素地に含まれる石によって小さい亀裂や生じたり、石が表面にあらわれたものがあります。

また、よく見ると細かな貫入(釉薬の表面に入った細かなヒビ模様)が入っていたりと、「土もの」の味わいが感じられる作風となっています。

高台には、化粧を施すときに器を支えた指のあと(「手跡(てあと)」と呼ばれるものです)がついており、制作の様子がうかがえます。

こんな風に作られているのかな、とものづくりの工程に想いをはせてみてはいかがでしょうか。

加藤祥孝の「粉引しのぎ丸スープカップ」の側面
「おしゃれなデザイン」

コロンと、丸みのあるフォルムが可愛らしい加藤祥孝さんのスープカップ。

やや太めのしっかりした取っ手は安定感があります。

ひとつひとつ、手作業で施されている「しのぎ」の模様はうつわにアクセントを加えてくれ、おしゃれな印象に。

化粧の濃淡で生まれる景色も味わいがあります。

加藤祥孝の「粉引しのぎ丸スープカップ」の上部
「優しい生成りの粉引」

加藤祥孝さんの粉引は、生成りがかった優しいオフホワイト。

そこに、土に含まれる鉄の黒点がぽつぽつとあらわれ、アクセントを効かせています。

また、口元は鉄釉のライン入っており、シュッと引き締まった印象になっています。

粉引の器は吸水性が高いため、お使いの前にさっと水に浸して水を吸わせてからお使いいただくと、シミなどが付きにくくなります。

気になる方はお試しください。

また、水を吸った時にグレーに色が変わることがありますが、乾くと元に戻りますのでご安心くださいね。

加藤祥孝の「粉引しのぎ丸スープカップ」の個体差
「手作りならではの個体差」

加藤祥孝さんの和食器は「手仕事の味わい」を大切に一つ一つ手作業で作られています。

そのため、全く同じものは二つとありません。

化粧の濃淡によって、焼き上がりの表情もわずかに異なり、化粧が薄めだと、土の色がみえてややグレーがかった色味。

また、鉄の黒点の出方も一つ一つ異なります。

工場生産ではない手作りの味わいと、オンラインショップならではの一期一会の出逢いをお楽しみいただければ幸いです。

加藤祥孝の器シリーズ
「加藤祥孝さんの和食器」

flattoでお取扱いのある加藤祥孝さんのうつわは、粉引・鉄釉を中心に、灰釉・青白磁とバリエーションがあります。

土の風合いを感じられる粉引や灰釉、シックな鉄釉、すっきりとした青白磁。

それぞれ相性も良いので、お好みで揃えてお楽しみくださいね。

作家名 加藤祥孝
素材 陶器
サイズ(径) 約11cm(取っ手を含める幅は約14cm)
高さ 約6.5cm
重量 約250g
容量 約170ml(8分目)
質感 表面はつや・光沢があり、手触りはなめらかです。
電子機器 【電子レンジ OK】【食洗機 不可】【直火 不可】【オーブン 不可】
備考

※商品の器は作家「加藤祥孝」さんがひとつひとつ手作りで制作されており、個体差が大きくでる場合がございます。

複数個、ご注文頂ける際は現在庫の中から、なるべく個体差のないものをお選びさせてもらいますのでご了承くださいませ。

※写真イメージの中のカトラリーは付属しません。

加藤祥孝の粉引しのぎ丸スープカップを使ったコーディネート例


加藤祥孝の粉引しのぎ丸スープカップでテーブルコーディネート

テーブルコーディネート

table coordinate