蜜柑釉 ボウルM 作家「市野耕」

  •  蜜柑釉 ボウルM 作家「市野耕」
  •  蜜柑釉 ボウルM 作家「市野耕」-02
  •  蜜柑釉 ボウルM 作家「市野耕」-03
  •  蜜柑釉 ボウルM 作家「市野耕」-04
  •  蜜柑釉 ボウルM 作家「市野耕」-01
販売価格 3,000円(税抜)
在庫状況 残り8個
購入数
色の選択
 
深緑
紺色3,000円(税抜)
在庫なし

商品型番:ichino-k-008

送料 全国一律 570円(税込)※15,000円以上で送料無料。

■ 蜜柑釉 ボウルM 作家「市野耕」について

市野耕の「蜜柑釉 ボウルM」の深緑の色味
「深緑」

渋めな深緑の焼き上がり。

口元はやや淡い色になっています。

しっとりとした、大人な雰囲気の色味で、部分的に青みがかったところもあります。

市野耕の「蜜柑釉 ボウルM」の紺色の色味
「紺色」

全体的に紺色の焼き上がりです。

釉薬の薄い口元などは緑がかったこげ茶色で、うつわにアクセントを効かせています。

釉薬の濃淡で、やや緑ががったところがあったりと、表情が豊かなうつわです。

市野耕の「蜜柑釉 ボウルM」の特徴
「おしゃれなしのぎ模様」

径が14.5cm・高さ6.5cmほどの、しのぎ模様のフリーボウルです。

名前の通り、みかんの木の灰から作った釉薬を使用しています。

もともとは大きめサイズのめし碗として作られましたが、めし碗以外にもいろいろ使ってほしいと、あえて名前を「ボウル」にしています。

ミニどんぶりの器の他、煮物などの盛り鉢や花器としてなど、自分なりの楽しみ方で色々とご愛用くださいね。

作家・市野耕の銘
「市野耕さんの銘」

市野耕さんの「蜜柑釉 ボウルM」の裏側、高台の中央に下のお名前の「耕」の字の銘が刻印されています。

おしゃれな字体で器の雰囲気にもマッチしています。

また、裏側の高台部分は無釉の仕上げ。

土の雰囲気がわかる仕上がりとなっています。

市野耕の「蜜柑釉 ボウルM」の側面
「伝統が息づくしのぎ模様」

地元丹波の伝統を引き継ぎ、しのぎを取り入れている市野耕さん。

「蜜柑釉 ボウルM」も胴の部分全体にぐるりとしのぎ模様が施されています。

しのぎが入っているとシャープな印象になって、うつわを軽やかにみせてくれますね。

市野耕の「蜜柑釉 ボウルM」の上部
「オリジナルの蜜柑釉」

「蜜柑釉」は市野耕さんがみかんの木の灰から作ったオリジナルの釉薬です。

地域性をうまく取り入れた、オリジナルの器。

焼き上がりによって色味に差がでたり、ピンホールがあったりと、より手作りの味わいを感じていただけるシリーズです。

市野耕の「蜜柑釉 ボウルM」の細部
「手作りならではの個体差」

市野耕さんの器は「手仕事の味わい」を大切に、ひとつひとつ手作業で作られています。

そのため、サイズや釉だまりの様子や貫入の入り方は一つ一つ異なります。

「蜜柑釉」は、愛媛ならではのうつわを作りたいと、市野耕さんが蜜柑の木からご自身で灰を作り、それを調合して生みだしたもの。

もともと流通している釉薬も、すべて原料は自然の物ですが、市野耕さんのオリジナルの蜜柑釉はより自然色が強く、焼き色に差が出やすいです。

大きく、紺と深緑の2パターンに分けていますので、お好みでお選びくださいね。

また、比較的ピンホールが出やすく、色味も釉薬の濃淡で表情が一つずつ異なったり、同じグループの中でも色に若干の個体差はありますが、手作りの味わいとご了承ください。

市野耕さんの和食器
「市野耕さんの器ラインナップ」

flattoでお取扱いのある市野耕さんのうつわは、トルコブルー・織部・灰釉・蜜柑釉があります。

落ち着きのある雰囲気で味わいがあり、お料理を素敵に引き立ててくれます。

篠山市のご出身で、地元丹波の丹波焼の特徴である葉紋やしのぎを取り入れつつ、愛媛の蜜柑の木から作った灰を用いた蜜柑釉など、独自の作風も追及する市野耕さん。

今後の展開もますます楽しみな作家さんです。

作家名 市野耕
素材 陶器
サイズ(径) 約14.5cm
高さ 約6.5cm
重量 約200g
質感 器の表面は光沢があり、なめらかな質感です。
電子機器 【電子レンジ OK】【食洗機 不可】【直火 不可】【オーブン 不可】
備考

※商品の和食器は作家「市野耕」さんがひとつひとつ手作りで制作されており、若干の個体差がある場合がございますので、ご了承くださいませ。

※写真イメージの中のカトラリーは付属しません。

市野耕の蜜柑釉 ボウルMを使ったコーディネート例


市野耕の蜜柑釉 ボウルMでテーブルコーディネート

テーブルコーディネート

table coordinate

色の選択
 
深緑
紺色3,000円(税抜)
在庫なし

■ 作家から選ぶ