古谷浩一|渕荒粉引 輪花皿(小)

  • 古谷浩一|渕荒粉引 輪花皿(小)
  • 古谷浩一|渕荒粉引 輪花皿(小)-02
  • 古谷浩一|渕荒粉引 輪花皿(小)-03
  • 古谷浩一|渕荒粉引 輪花皿(小)-04
  • 古谷浩一|渕荒粉引 輪花皿(小)-01
販売価格 2,000円(税抜)

商品型番:furutani-h-091

送料 全国一律 990円(税込)※20,000円(税抜)以上で送料無料。

■古谷浩一|渕荒粉引 輪花皿(小)について

古谷浩一「渕荒粉引 輪花皿(小)」の特徴
「可愛らしい輪花の中皿」

優しい輪花のフォルムが可愛らしい粉引の中皿です。

中央の見込みは化粧が施されていますが、花びらのリム部分は釉薬が施されていてより可愛らしい雰囲気。

径が16cmほどで、副菜用やデザート皿・取り皿などと、何かと出番が多くなる使い勝手のよいサイズ感なのも嬉しいですね。

優しい輪花で、食卓を華やかにしてくれます。

古谷製陶所の銘
「古谷製陶所の銘」

古谷製陶所さんでは、古谷浩一さんを始めたくさんの職人さんの手によってうつわが作られています。

「渕荒粉引 輪花皿(小)」の底面の中央には、先代で古谷浩一さんのお父様である古谷信男さんの銘「信朗」が刻印されています。

古谷浩一「渕荒粉引 輪花皿(小)」の上部
「優しく温かみのある白」

古谷浩一さんの粉引は、独自に調合した土や化粧を使って生み出される温かみのある優しい白。

毎日の食卓でお料理を素敵に引き立てる粉引のうつわです。

中には、「御本手(ごほんで)」と呼ばれる粉引特有の赤みのある斑点模様や、赤みが見られることもあります。

また、土に含まれる鉄の黒点もひとつひとつ出方が異なりますが、黒点は白の中にアクセントとなり、いっそう味わいを感じさせてくれますね。

リム部分は、釉薬の濃度によって赤みの出方に個体差があります。

古谷浩一「渕荒粉引 輪花皿(小)」の側面
「普段使いに嬉しい工夫」

古谷浩一(古谷製陶所)さんの器は「本焼き」という焼成の工程を二度されています。

化粧をかけて焼いた後に、もう一度透明の釉薬をかけて焼いていますので、粉引ですがシミがつきにくくなっています。

通常よりも一回多く焼くというひと手間をかけていることからも、毎日の食卓で楽しんでいただきたいという想いが伝わってくるようですね。

普段使いに嬉しい、優しい工夫が施された優しい白のうつわです。

古谷浩一「渕荒粉引 輪花皿(小)」の細部
「手作りの味わい」

古谷浩一(古谷製作所)さんの器はすべて手作りで作られていますので、多少の個体差があります。

具体的には、土や化粧などの原料は自然のものを使用しているため、鉄点の出方に差があったり、土の鉄分によって出る赤みの有無などがあります。

「渕荒粉引」のうつわは、花びらの部分に施される釉薬の濃度のわずかな差などで、グレーの部分が多かったりオレンジの部分が多かったりと個体差があります。

また、仕上げに施している透明釉の溶け具合によって、表面がややざらついているものと、なめらかなものと、わずかに差が出ることがあります。

工場生産ではない、手作りの味わいと、ネットショップならではの一期一会の出逢いをお楽しみいただければ幸いです。

古谷浩一の器シリーズ
「古谷浩一さんの器」

古谷浩一(古谷製作所)さんの器は、様々なシリーズがあります。

白い「粉引」、ダークブラウンの「錆釉」、紺色の「瑠璃釉」、ライトブラウンの「飴釉」など。

flattoでは、主に古谷浩一さんの代表作である白い「粉引」の器を多く取り扱っておりますが、他のシリーズとの相性も良いですので、ぜひお好みで組み合わせてテーブルコーディネートを楽しんでください。

作家名 古谷浩一
素材 陶器
サイズ(径) 約16cm
高さ 約2cm
重量 約200g
質感 見込み部分は落ち着いた光沢がありなめらかで、リム部分はややざらっとしています。
電子機器 【電子レンジOK】【食洗機 OK】【直火 不可】【オーブン 不可】
備考

※商品の器は作家「古谷浩一」さんの古谷製陶所にて、ひとつひとつ職人さんの手作りで制作されており、若干の個体差がある場合がございますので、ご了承くださいませ。

※写真イメージの中のカトラリーは付属しません。

古谷浩一「渕荒粉引 輪花皿(小)」のイメージフォト

古谷浩一の渕荒粉引 輪花皿(小)でテーブルコーディネート

テーブルコーディネート

table coordinate