杉原万理江|カップ(青紫)

  • 杉原万理江|カップ(青紫)
  • 杉原万理江|カップ(青紫)-02
  • 杉原万理江|カップ(青紫)-03
  • 杉原万理江|カップ(青紫)-04
  • 杉原万理江|カップ(青紫)-01
販売価格 2,700円(税抜)
釉薬の模様
濃い2,700円(税抜)
在庫なし
控えめ2,700円(税抜)
在庫なし

商品型番:sugihara-m-036

送料 全国一律 990円(税込)※20,000円(税抜)以上で送料無料。

■杉原万理江|カップ(青紫)について

杉原万理江の「カップ(青紫)」の特徴
「手になじむ形」

径が約8.5m、高さ約7.5cmのシンプルなカップです。

しっとりした落ち着きのある青紫で、釉薬の流れや鉄点など、味わい深い景色がすてきです。

陶器ですが、磁器のような質感で手触りもなめらか。

手に持った時のなじみも良く、毎日使いたくなるカップ。

お飲物用のカップの他、デザートカップとしてお使いいただけますよ。

こちらの青紫は、特に色味の差が出やすく、青よりの色味が濃いものから、紫寄りで淡い色味のものとあります。

色の差も作家の意図するもので手作りの味わいであり、うつわの個性とご理解の上お求めいただければ幸いです。

作家・杉原万理江の銘
「杉原万理江さんの銘」

高台内側のすぐ縁に銘が入っています。

下のお名前の万理江(まりえ)さんから一字を取って「ma」と、筆記体の流れるような書体で彫られています。

ひとつひとつ手書きのため、すべて少しずつ銘も異なります。

手作りの証である銘は、作家さんの息を感じられるようですね。

杉原万理江の「カップ(青紫)」の全景
「深みのある淡い青紫」

落ち着きのある色味が素敵な青紫。

ところどころに鉄点がありますが、これは土に加えられた雲母と釉薬に含まれる雲母。

器のアクセントになっています。

釉薬の流れで生まれるグラデーション模様、ざっくりと入った貫入、そしてキラキラと輝く結晶。

同じ器の中でも様々な表情があり、目で見ているだけでも楽しめます。

また、底には輪っか状の釉だまりがあり、釉だまりは濃いブルーになっています。

何度も試験を重ねて生まれたという杉原万理江さんの釉薬。

量産の器では見られない、味わいのある色ばかりです。

明るく優しい色味で、食卓を華やかに彩ってくれます。

杉原万理江の「カップ(青紫)」の側面
「普段使いのための工夫」

杉原万理江さんの器は、どれも薄づくりで軽く、扱いやすいです。

またスタッキングやお手入れのしやすさも考えてデザインするなどの工夫をされており、女性ならではの視点で、普段使いに嬉しい工夫がされています。

腰のあたりは釉薬がたまって、わずかにぷくっとしています。

また、高台部分には細かい線彫りが施されています。

目立たない部分の装飾にも気を配られており、杉原万理江さんの細やかな気遣いと手仕事の様子が伝わってきます。

杉原万理江の「カップ(青紫)」の細部
「手作りならではの味わい」

杉原万理江さんの器は「手仕事の味わい」を大切に、ひとつひとつハンドメイドで作られています。

「色の表情」・「釉薬の流れ方」や「雲母」・「結晶」の出方などはすべて異なります。

特に釉薬の流れの景色の差は、印象が異なるため大きく2つのカテゴリにわけておりますが、その中でも個体差はありますので、そのような作風として味わいをお楽しみいただき、一期一会の出逢いをお楽しみいただければ幸いです。

杉原万理江の和食器シリーズ
「多彩な色味とかたちの器」

カラーバリエーションは、白・ベージュ・黄緑・水色・青紫の5色の展開です。

どれも優しい色味で食卓を優しく包み込んでくれます。

形は、輪花や葉っぱのような自然を感じられる形を始め、四角・六角・ひし形など、柔らかなフォルムの女性らしい器たちです。

作家名 杉原万理江
素材 陶器
サイズ(径) 約8.5cm
高さ 約7.5cm
重量 約100g
容量 約125ml(8分目)
質感 マットな質感でなめらかです。
電子機器 【電子レンジOK】【食洗機OK】【直火 不可】【オーブン 不可】
備考

※商品の和食器は作家「杉原万理江」さんがひとつひとつ手作りで制作されており、若干の個体差がある場合がございますので、ご了承くださいませ。

※写真イメージの中のカトラリーは付属しません。

杉原万理江のカップ(青紫)を使ったフォトギャラリー


杉原万理江のカップ(青紫)でテーブルコーディネート

テーブルコーディネート

table coordinate

釉薬の模様
濃い2,700円(税抜)
在庫なし
控えめ2,700円(税抜)
在庫なし

■ 和食器の作家から選ぶ