青白磁 八角豆皿 作家「加藤祥孝」

  • 青白磁 八角豆皿 作家「加藤祥孝」
  • 青白磁 八角豆皿 作家「加藤祥孝」-02
  • 青白磁 八角豆皿 作家「加藤祥孝」-03
  • 青白磁 八角豆皿 作家「加藤祥孝」-04
  • 青白磁 八角豆皿 作家「加藤祥孝」-01
販売価格 1,000円(税抜)

商品型番:kato-y-017

送料 全国一律 990円(税込)※20,000円(税抜)以上で送料無料。

■青白磁 八角豆皿 作家「加藤祥孝」について

加藤祥孝の「青白磁 八角豆皿」の特徴
「食卓を引き締める八角のうつわ」

径が8.5cmほどの、鉄の黒点がアクセントになった淡いブルーが爽やかな青白磁の八角豆皿です。

八角の器は食卓を引き締まった印象にしてくれます。

箸休めの一品や、調味調や薬味のうつわに。

ちょっとした時にあると嬉しい、小さなサイズのお皿です。

加藤祥孝の「青白磁 八角豆皿」の細部
「味わいのある器」

加藤祥孝さんの青白磁のうつわは、粗目の土を使用しているため「ピンポール」と呼ばれる小さな穴や、「石はぜ」と呼ばれる、素地に含まれる石によって小さい亀裂や生じたり、石が表面にあらわれたものがあります。

細かな貫入(釉薬の表面に入った細かなヒビ模様)が入っていたりと、「土もの」の味わいが感じられる作風となっています。

また製法上、土をスライスする際に石が引っかかってできる筋のような跡があることもあります。

手作りのうつわの味わいとしてお楽しみくださいね。

加藤祥孝の「青白磁 八角豆皿」の上部
「爽やかなブルー」

加藤祥孝さんの青白磁は、爽やかな淡いブルー。

釉薬の濃淡で生まれる景色が味わい深いです。

青白磁の器は細かな貫入が少し入っています。

お使いいただくうちに、貫入に汚れが入っていくことがありますが、土ものならではの「うつわが育つ」というものをお楽しみいただけたらと思いますが、気になる方は使い始めに目止めをしてください。

また、お料理を盛り付ける前にさっと水に浸して水を吸わせてからお使いいただくと、シミなどが付きにくくなります。

加藤祥孝の「青白磁 八角豆皿」の側面
「安心感のある厚み」

加藤祥孝さんのうつわは、タタラ作りと呼ばれる、スライスし板状にした土から型を用いて作られています。

程よく、安心感のある厚みがあり、安定感もあります。

また、「青白磁八角豆皿」は小さなうつわですが、しっかりとした高台があります。

その分高さがあり、小さくても存在感のある仕上がり。

加藤祥孝の「青白磁 八角豆皿」の個体差
「手作りならではの個体差」

釉薬の濃淡によって、うつわの表情も少しずつ異なります。

釉薬が濃い部分は、釉だまりができてブルーが濃くなり、味わい深い景色です。

また、鉄の黒点の出方も一つ一つ異なります。

同じものが二つとない、手作りの味わいをお楽しみくださいね。

加藤祥孝の器シリーズ
「加藤祥孝さんの和食器」

flattoでお取扱いのある加藤祥孝さんのうつわは、粉引・鉄釉を中心に、灰釉・青白磁とバリエーションがあります。

土の風合いを感じられる粉引や灰釉、シックな鉄釉、すっきりとした青白磁。

それぞれ相性も良いので、お好みで揃えてお楽しみくださいね。

作家名 加藤祥孝
素材 陶器
サイズ 約8.5cm
高さ 約2cm
重量 約90g
質感 なめらかな質感で、光沢があります。
電子機器 【電子レンジ OK】【食洗機 不可】【直火 不可】【オーブン 不可】
備考

※商品の器は作家「加藤祥孝」さんがひとつひとつ手作りで制作されており、個体差が大きくでる場合がございます。

複数個、ご注文頂ける際は現在庫の中から、なるべく個体差のないものをお選びさせてもらいますのでご了承くださいませ。

※写真イメージの中のカトラリーは付属しません。

加藤祥孝の青白磁 八角豆皿を使ったコーディネート例


加藤祥孝の青白磁 八角豆皿でテーブルコーディネート

テーブルコーディネート

table coordinate