陶芸作家「奥田章」さんのご紹介。

こんにちは。flatto店主の歩未です!

暦の上では立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。
みなさま、体調を崩したりしてないでしょうか。

京都は、昼頃に雪が舞っていましたよ!
暖かくなるにはまだしばらくかかりそうですね。

さっそくですがタイトルの通り!待望の大人気作家さん「奥田章」さんの登場です!!

陶芸作家「奥田章」さんの「十草リバーシブル」

奥田章/十草リバーシブル

奥田さんと言えばやはりこの「トクサ」の模様と、「リバーシブル」の器が
代名詞ではないでしょうか。
お恥ずかしながら、わたしは知らなかったのですが
「トクサ」は漢字で書くと「十草」。
古くから日本でも親しまれてきた縦縞模様のことなんですね!
奥田さんは竹が好きで、竹林をイメージしてこのトクサ模様をつけたそうですが
ちょうど工房にある窓からはまっすぐに伸びる竹が見えていました。

文五郎倉庫 ギャラリー

【文五郎倉庫 ギャラリー内】

実は、奥田さんと初めて直接お会いしたのは、昨年の信楽セラミックアートマーケット2014でした。

その時の記事にも書いていますが、その前から気になっていた作家さんでして、
知らずにアートマーケットに行ったらお会いできたという!

アートマーケットでお取引の了承を頂いていたのですが、なにかとバタバタしておりまして、
ようやく昨日、信楽にある工房「文五郎倉庫」にお邪魔してきました!

文五郎倉庫 外観

【文五郎倉庫の外観】

敷地内に併設しているギャラリーで器を見せて頂きながらインタビューもさせていただきました。

来月に控えている福岡でのイベントの準備に追われている中、
アツいお話をたーくさん頂きました!!
奥田さんの器にかける情熱や、ストイックな姿勢がひしひしと伝わってきて、
お話を聞きながら自然に背筋が伸びる思いでした。

そんな貴重な奥田さんのお話も書きたいところですが、
それはまたおいおいゆっくり書きますね。

今週の月曜まで東京ドームで行われていた、「テーブルウェアフェスティバル」に
出展されていたこともあってか、タイミングよく在庫が数点あるものもありまして
思いがけずなかなかの種類の商品を買い付けることができましたので、
今日はそちらのご紹介をしますね!

まずは、今作っても作っても注文に追い付かないと奥田さんもおっしゃるほど
大人気の「ケーキ皿」。

陶芸作家「奥田章」さんの「ケーキ皿」

【文五郎倉庫のギャラリー内】

こちらは、18センチサイズ(6寸)の茶色と白の2色を買い付けました!

同じく大人気の「ポン酢ボウルミニ」。

信楽セラミック・アート・マーケットで見てからずっと気になっていた
「黒十草 各小鉢」のSサイズとMサイズ。

あとは、文頭でも奥田さんの代名詞としてご紹介しました「リバーシブル」の
プレートなども本当に数枚ずつですが買い付けることができました!

さっそく今日から撮影をすすめていますので、
準備ができ次第順次ラインナップに並べていきますね!

発送業務などと並行してになりますので、少し時間がかかるかもしれませんが、
出来る限り早くできるように頑張りますので、お楽しみにお待ちください!!

また、今回は入荷できなかったのですが、こちらもセラミック・アート・マーケットで
見てから気になっていた「しずく小鉢」の白と茶色

陶芸作家「奥田章」さんの「しずく小鉢」

しずく小鉢/奥田章

夫が特にお気に入りの「十草オランダ皿」
陶芸作家「奥田章」さんの「十草オランダ皿」

【十草オランダ皿/奥田章】

こちらも奥田さんの代名詞と言っても過言ではないでしょう。「十草 重箱」
陶芸作家「奥田章」さんの「十草 重箱」

十草 重箱(L)/奥田章

重箱はひとまず白のSサイズをオーダーさせていただきましたよ!

それからギャラリーでみて、これは茶碗蒸しを入れたい!(安直な…笑)と一目ぼれした
「トクサふたわん」などもお願いしてきました!
陶芸作家「奥田章」さんの「トクサふたわん」

トクサふたわん/奥田章

長いものでは数か月先の入荷になると思いますが、他にもたくさんお願いしてきましたので
入荷をお楽しみにお待ちください!!

ではでは、今日はこのへんで。
明日も寒さが厳しいようですが、よい週末をお過ごしくださいね!

奥田章さんの和食器ラインナップ