銅彩釉 角皿(中) 作家「水野幸一」

  • 銅彩釉 角皿(中) 作家「水野幸一」
  • 銅彩釉 角皿(中) 作家「水野幸一」-02
  • 銅彩釉 角皿(中) 作家「水野幸一」-03
  • 銅彩釉 角皿(中) 作家「水野幸一」-04
  • 銅彩釉 角皿(中) 作家「水野幸一」-01

商品型番:mizuno-k-002

送料 全国一律 570円(税込)※15,000円以上で送料無料。

■銅彩釉 角皿(中) 作家「水野幸一」について

作家・水野幸一の「銅彩釉 角皿(中)」の用途
「どんな料理も映える」

シンプルでありながら味のある「銅彩釉 角皿」。

なんといっても、この丸いくぼみがポイント。

四角いのに丸い不思議なお皿です。

お皿の中心がわかりやすいので、
盛り付けがとってもしやすいんですよ。

焼き物に炒め物に。

深みがあるので煮物や煮魚も安心です!

ケーキなどのデザート皿としてもおしゃれにきまりますね。

作家・水野幸一の「銅彩釉 角皿(中)」の特長
「普段使いのためのうつわ」

水野幸一さんのうつわはすべて、
作家さんサイドで汚れ止めの処理をして下さっています。

お肉料理や揚げ物などの油モノでも
シミになりにくいのが嬉しい!

作家・水野幸一の「銅彩釉 角皿(中)」の側面
「薄くて軽いうつわ」

真横から見るとこんな感じです。

ふちがカーブしているがわかりますね。

このカーブがまたいいアクセントになっています。

水野幸一さんの技術ならではの
うつわの薄さも伝わりますでしょうか。

もちろん、スタッキングもお見事です!

作家・水野幸一の「銅彩釉 角皿(中)」のサイズ感
「副菜にちょうどいいサイズ感」

手に取ったサイズ感はこんな感じです。

ちょっとしたお料理や女性の1人前なら
パスタ皿としても使えます。

サラダや取り皿として使うのにもいいですね。

作家・水野幸一の「銅彩釉 角皿(中)」の裏面
「裏面は焼き締め仕上げ」

くぼみの部分は釉薬がかかっておらず、
焼き締めの仕上げで素地の様子がわかります。

もともとはこんな土なんですね。

底面の処理はされておりますが、
ご使用時や収納の際など、
気になる方はテーブルマットや敷物などを
ご使用くださいね。

作家・水野幸一の「銅彩釉 角皿(中)」の銘
「水野幸一ブランドの銘」

裏面の中心には、水野幸一さんの窯「一窯(はじめがま)」のイニシャル「h」の銘が入っています。

銘が「k」の器はろくろで制作されたもの。

タタラなど、ろくろ以外で制作された器の銘は「h」となります。

その他にも、少し字体が角ばった「h」や、
一窯(はじめがま)の「ハ」の字の銘などもあり、
銘のひとつを見比べても、奥が深いですね。

作家・水野幸一の「銅彩釉 角皿(中)」の個体差
「手作りならではの色味の違い」

銅彩釉角皿においてはすべて手作りのため、
銅色の強いものから、
弱いものまで焼き上がりに個体差があります。

釉薬のかかり具合や窯の中での位置などで
色味は一つ一つ変わってきます。

同じものが一つとしてない。

それが手作りの良さであり味のひとつでもあります。

ネットショップならではの、
一期一会の出逢いをお楽しみいただければ幸いです。

作家・水野幸一の「銅彩釉 角皿」シリーズ
「サイズは4種類」

サイズは全部で4種類。

特大サイズ(25cm×25cm)、
大サイズ(20cm×20cm)、
中サイズ(18cm×18cm)、
小サイズ(13cm×13cm)があります。

初めて購入するなら、
どんな料理でも使いやすい大サイズがおすすめ。

作家名 水野幸一
素材 陶器
サイズ 約18cm四方
高さ 約3cm
重量 約295g
質感 表面が少しざらっとしています。
電子機器 【電子レンジOK】【食洗機OK】【直火 不可】【オーブン 不可】
備考

※ご注文時に陶器の色味のご指定はできません。

※色味も銅の色が強めに出たり、弱めに出たりと個体差がありますのでご了承くださいませ。

※銅彩釉シリーズの和食器は「水野幸一」さんがひとつひとつ手作りで制作されており、若干の個体差がある場合がございますので、ご了承くださいませ。

※写真イメージの中のカトラリーは付属しません。

水野幸一の銅彩釉角皿(中)を使った料理例


水野幸一の銅彩釉角皿(中)でテーブルコーディネート

テーブルコーディネート

table coordinate

水野幸一の銅彩釉角皿(中)でわらびもち

わらびもち

warabimochi

水野幸一の銅彩釉角皿(中)で大根ステーキのチーズサンド

大根ステーキのチーズサンド

radish steak

水野幸一の銅彩釉角皿(中)でタラのあんかけ

タラのあんかけ

anake of tara

■ 作家から選ぶ