shiro-kuro スープカップ(黒) 作家「トキノハ」

  • shiro-kuro スープカップ(黒) 作家「トキノハ」
  • shiro-kuro スープカップ(黒) 作家「トキノハ」-02
  • shiro-kuro スープカップ(黒) 作家「トキノハ」-03
  • shiro-kuro スープカップ(黒) 作家「トキノハ」-04
  • shiro-kuro スープカップ(黒) 作家「トキノハ」-01

商品型番:tokinoha-049

送料 全国一律 570円(税込)※15,000円以上で送料無料。

■shiro-kuro スープカップ(黒) 作家「トキノハ」について

トキノハの「shiro-kuro スープカップ(黒)」の特徴
「高級感のある黒」

ブロンズのような質感で、落ち着きのある光沢が高級感を感じさせる、シックでおしゃれなスープカップです。

容量が8分目で200mlと十分な大きさ。

スープ以外にも、ミルクティーやカフェオレなど、お飲みもののカップにも。

高さ、口径ともに使いやすいサイズなので、サラダや副菜の小鉢として、フルーツやヨーグルトのデザートカップとしてなど、アイデア次第で幅広くお使いいただけますよ。

釉薬の濃淡で生まれる表情も味わい深く、うつわの個性をいっそう楽しめます。

作家・トキノハの銘
「センスを感じる、手作りの証」

shiro-kuro スープカップ(黒)の裏側の中央に、トキノハさんの頭2文字をとって「トキ」と銘が刻印されています。

アイデアが光るデザインの銘で、手作りの証でもあるこの銘にも作家さんのセンスが表れているようで素敵ですね。

トキノハの「shiro-kuro スープカップ(黒)」の上部
「使うほどに味わい深くなるうつわ」

トキノハさんの「shiro-kuro」シリーズは、ブロンズのような質感のシックな黒と、優しい印象のオフホワイトの白のツートンで展開されています。

黒のうつわは、シックで高級感のある雰囲気です。

シンプルながら、存在感のあるうつわで、食卓を上品に引き立ててくれますね。

また、この黒は使い込むほどにつやが出てきて、しっとりとした表情に変化していきます。

そんな経年変化もお楽しみいただける、味わい深いうつわです。

トキノハの「shiro-kuro スープカップ(黒)」の側面
「普段使いに嬉しい工夫がたくさん」

トキノハさんの器は「生活に寄り添う器」をコンセプトに制作されており、普段使いのための工夫がたくさん。

料理を盛ったときのことや、収納したときのこと。

形も、デザインも、使いやすさを追求しているからこそ、ついつい手に取って毎日使いたくなるのでしょうね。

このスープカップも、カップの形や薄さはもちろん、取っ手の幅など細かなところまでたくさんのこだわりと工夫がぎゅっとつまっています。

トキノハの「shiro-kuro スープカップ(黒)」の細部
「手作りの味わい」

トキノハさんの器は「手でつくる」ということにこだわって、すべて手作業で作られています。

内側、外側ともに、口元から釉流れが見られるものもありますが、「釉薬の流れ」の景色などは一つ一つ異なり、同じものは二つとありません。

また、土や釉薬も自然のものを使用していますので、同じ原料でも気温や湿度などの天候条件も加わって、焼き上がりごとに「色の表情」などは少しずつ異なります。

工場生産ではない、手作りの味わいと一期一会の出逢いをお楽しみいただければ幸いです。

トキノハの「shiro-kuroシリーズ」
「shiro-kuroシリーズ」

flatto(フラット)でお取扱いのあるトキノハさんの「shiro-kuro」シリーズは、お皿・碗・飯碗・片口など幅広いバリエーションが揃っています。

こちらの蕎麦猪口は、黒バージョンもあります。

「shiro-kuro」の器はシリーズで揃えると、シックで高級感のあるコーディネートをお楽しみいただけますよ。

作家名 トキノハ(清水大介・清水友恵)
素材 陶器
サイズ(径) 約11.5cm(取っ手を含めた幅14cm)
高さ 約5.5cm
重量 約180g
容量 約200ml(8分目)
質感 全体的になめらかですが、黒い部分は所々ややざらっとしています。
電子機器 【電子レンジOK】【食洗機OK】【直火 不可】【オーブン 不可】
備考

※商品の和食器は作家「トキノハ」さんがひとつひとつ手作りで制作されており、若干の個体差がある場合がございますので、ご了承くださいませ。

※写真イメージの中のカトラリーは付属しません。

トキノハのshiro-kuro スープカップ(黒)を使った料理例


トキノハのshiro-kuro スープカップ(黒)でテーブルコーディネート

テーブルコーディネート

table coordinate

■ 作家から選ぶ