中川雅佳

陶芸作家「中川雅佳」の和食器

陶芸作家「中川雅佳」の和食器について

焼き物の街、信楽にて作陶されている中川雅佳さん。

しっとりとした風合いや結晶のような景色が魅力の「金釉」シリーズや、
まるで本物のコルクのようなテクスチャの「コルク」シリーズなど、
ハッと目を引く器たちを産み出しています。

いずれも、とっても丁寧に仕上げていらっしゃり、うつわへのこだわりも感じられます。

それでいて、盛り映えはもちろんですがジャンルを問わず色々なお料理にも合って使い勝手も良い。

高温で焼いているため強度もあり、使い勝手もよい万能なうつわたち。

使い込むほどに落ち着いた雰囲気になる金釉や、
貫入によって景色が変わり、育てる楽しみもあるうつわなど、
手作りならではの味わいも楽しめる魅力が詰まった作品ばかりです。

おすすめ順  |  価格順 |  新着順

  • « Prev
  • Next »

18商品中 1-18商品

中川雅佳の和食器


■2017年 中川雅佳イベント情報

  • 01月27日〜01月27日Rewrite History 信楽〜湖国から滋味なる恵み〜(神戸)

■2016年 中川雅佳イベント情報

  • 10月08日〜10月10日信楽セラミックアートマーケット2016(滋賀)
  • 09月03日〜09月04日第1回たかしまクラフトフェア 工藝の庭(滋賀)
  • 05月21日〜05月22日へムスロイドの杜まつり (滋賀)
  • 05月02日〜05月05日第10回信楽作家市(滋賀)
  • 04月02日〜05月05日ほろ酔いうつわと地酒(滋賀)
  • 03月06日〜03月27日重なりの器展(筒小屋・広島)

■2015年 中川雅佳イベント情報

  • 12月14日〜12月26日酒器展宴(筒小屋・広島)
  • 11月07日〜11月29日中川雅佳陶展(陶夢・滋賀)
中川雅佳の和食器

中川雅佳の経歴


滋賀県草津市生まれ。(1970年)

ものづくりへの想いが強く、滋賀県窯業技術試験場へ。

1995年にデザイン科、1996年に小物ろくろ科をそれぞれ修了。

1996年より古谷浩一さんの父、古谷信男氏に師事。

2005年、信楽にて独立。

西日本を中心にギャラリーなどで個展・グループ展多数。

中川雅佳の器

中川雅佳の和食器を使った料理フォトギャラリー


中川雅佳「金釉 八角皿(大)」と白菜と豚バラの焼肉のタレ炒め

金釉 八角皿(大)

白菜と豚バラの焼肉のタレ炒め

中川雅佳「コルク 六角小鉢(内金)」と中華風大根サラダ

コルク 六角小鉢(内金)

中華風大根サラダ

■ 作家から選ぶ